コラム

【衝撃】「専門学校には行く必要がないな」と思った【本音の話】

2019年11月20日

ぐっちょん
ぐっちょん

やほぐっちょ!九州宮崎出身、弱冠29歳、 ぐっちょん(@guccyoncyon517)です!

音楽の専門学校に行く意味はあるの

ぐっちょん
ぐっちょん

今回はこんな悩みに答えていきます!

見出し

・音楽専門学校のメリット・デメリット!
・お金を使うならライブに使え!
・現代の夢のつかみ方を知ろう!

こんな人に読んでほしい

・音楽の専門学校に行こうか迷っている人
・何かしらの夢を追うために学校に行こうと思っている人

こんな人が書いています

・音楽の夢を叶えるために地元宮崎から上京
・音楽の専門学校に2年、役者養成所に2年通う



結論から言ってしまえば「お金をかけてまで行く必要はない」というところです。


お金に余裕がある人や、お金がかかってでも専門学校で学びたい!という人は全然行ってもいいと思います。


ただ殆どの方が学費は親が出してくれたり、奨学金を借りたりして学費を工面すると思うので、そこまでするぐらいであれば行かなくてもいいと思います。

ちなみにぐっちょんは新聞奨学生制度を使って通っていました。


新聞奨学生については【新聞奨学生とは】どんな制度どんな人が受けるべきかを教えます!で詳しく書いているのでお時間あるときにでも是非読んでみてください。


音楽専門学校のことをメインで書いていきますが、それ以外の学校や養成所に通うか迷っている人にも通じる内容になっているので、夢を追うために専門学校に入るか迷っている人はぜひ読んでみてください!

■音楽専門学校のメリット・デメリット


先に言っておきますが、ぐっちょんは夢を追うための専門学校を全否定してるわけではないことを先にお伝えしておきます。

そしてメリット・デメリットをお伝えする前に専門学校業態が今どういった状況なのかということをお伝えしたいと思います。

●専門学校業態の現状

僕は会社員時代に、専門学校に求人を置かせてもらう営業をしていた時期があります。

音楽の専門学校も回らせてもらって担当の方とお話をさせていただいたのですが、大手以外の専門学校は「経営が厳しい」ということでした。

実際、「数年後に閉校することが決まってるんです」とおっしゃってる学校が何校かあり、徐々に募集を締め切っているところもあったりしました。

理由としては、シンプルに少子高齢化で入学生が年々減少しているということと、夢のつかみ方が多様化してきている(後半で詳しく書いています。)からだと思います。

ちなみに、ぐっちょんは上京して入る予定だった専門学校も入学2週間前にいきなり閉校と言われて、衝撃を受けた経験があります。笑

僕が上京してきたのが10年前で、その当時でもそんな状況だったのでこれから音楽に限らず専門学校業態は大手以外は徐々に数が減っていくと予想しています。


前置きが長くなりましたが、そのあたりも踏まえて専門学校のメリット・デメリットをぐっちょんなりに紹介していきます。

●音楽専門学校のメリット

・音楽仲間と出会える


同じ志をもった仲間がたくさんいる環境で一緒に学べるのは専門学校の強みだと思います!


全員がそれぞれのアンテナを張って音楽に関する情報を収集してるので、様々な情報をシェアできるのも魅力の一つ!


ただ、目指すべきモノはしっかり目指していく意識は忘れないようにしないと、 ただの馴れ合いになったり、友達作りのためだけにお金を払っていた、、となり兼ねないので気をつけましょう。

ぐっちょん
ぐっちょん

ギタリストを目指す人なら○○みたいになるぞ!とか、作曲家志望であれば卒業すまでには100曲は必ず作るぞ!という気持ちは大事です!

・プロから学べる環境


学校で講師をされている方たちは現役で音楽業界で活躍されている人がほとんどなので、スキルを学べるのは勿論ですが、業界のリアルな話やタイムリーな情報なども聞けたりもします。


上達するには真似るところから!とはよく言いますが、プロのスキルを間近で見れて吸収できるのも、お金を払ってしっかりレッスンを受けているからこそです


ちなみに学校によっては受けられるコースもたくさんあって、自分が学びたいもの以外を選択授業として学べたりするところもあるので、自分の音楽知識の幅を広げることもできます。

ぐっちょん
ぐっちょん

分からないことがすぐに聞けるのも、プロから生で教わっているからこその特権です!

・コネクションが作れる

音楽専門学校時代に一緒に学んでいた人は、在学中から講師の手伝いとして仕事を受けていた人もいたりしたので、業界とのコネクションも作れるといってもいいと思います。


学校によっては外向きに卒業公演などを開催していて、一般のお客さんはもちろん、色んな企業やタレント事務所の人も来ていたりします。


そこで目に止まればデビューへ一歩近づけるチャンスもあったりするので、専門学校ならではの強みになると思います!

●音楽専門学校のデメリット

・教科書通りになっていまいがち


音楽のみの話になってしまうかもしれませんが、音楽理論を勉強した人間からしたら「理論を知らなくても音楽はやっていけるな」というのが結論でした。笑


もちろん学んだことで自分の音楽に活かせてる部分もあるのですが、「このコード進行だと理論的におかしいもんなぁ」みたいな、変に考えすぎてしまうことがたまにあったりします。


学んで変に頭が固くなるよりかは、自分が気持ちいいと思う音楽を作り続けれる柔らかい脳みそのほうが音楽をやる上ではいい気がしています。(完全に個人的意見です。)

・時間に縛られてしまう


当たり前なのですが、スケジュールは学校を主体に合わせていかないといけなくなります。


多少融通が利くにしても、結局のところ講師のスケジュール次第な部分が多いので、決められた時間の中で自分の時間を見つけていく必要があります。

カリキュラムや講師が自分に合わないこともある


入学する前にパンフレットや体験入学など色々下調べはするかと思いますが、 カリキュラムの内容や講師の質など、結局表面的な部分しか分からないことが多いです。


自分と一緒に受けていた人も、講師の教え方に納得がいかず辞めていってしまった人もいたりするので、正直こればかりは実際に入ってみて学んでみないと分からない部分が多いです。

今はネットで調べたら口コミが出てきたり、SNSで検索したら在学中のかたとかも見つけられると思うので、そういったところから情報を集めていくのも重要になってくると思います。

■お金と時間をライブにかけろ


仮に専門学校の授業日数が1か月22日あって一日当たり6時間授業を受けてるとしたら、1か月132時間学校に使うことになり、学費も2年間で約130万円だとすると、1か月あたり55000円かかることになります。


これだけの「お金」と「時間」を使うのであれば、個人的にはライブ活動や音楽制作活動に使っていたほうが良いと今では思います。


路上ライブであればお金をかけずに自分の経験値を積むことができ、不特定多数の人に音楽を聴いてもらえファンがつく可能性も高オープンマイクであれば1回あたり1000-2000円のチャージ料で飛び込みで演奏出来て、ほかの出演者のかたに意見もらえたり、横の繋がりが増えたりもします。


なので、学校に使う時間とお金を自分の音楽活動のほうにぜんぶ投資すれば、

・色んな場所でライブの数をこなせるのでスキルも磨ける
・人前で演奏する経験値が積めて、ファンもつきやすくなる
・色んな人に聞いてもらえるので様々な意見をもらえる。
・新しい出会いに繋がるきっかけがたくさんある


などなど、夢を掴むまでのスピード感も変わってくると思います。

■現代の夢のつかみ方


そして今は情報社会と言われているほど誰もがスマホを持っていて、いろんな情報を瞬時で手に入れられるようになってきています。


その中で仕事の働き方が多様化してきているように夢の掴み方も多様化してきて、YOUTUBEなどの動画サイトで演奏動画をあげて全世界に向けて発信したり、ライブ配信でリアルタイムで視聴者とコミュニケーションを取りながら演奏を聞かせることができる時代となっています。

ライブ配信について詳しく知りたい方はこちらの記事もあわせて読んでみてください!


そうした時代だからこそ、専門学校という選択肢だけに捉われるのではなく自分の表現できる場がたくさんあるというのを知った上で、どこにお金と時間を投資していくのかを自分なりに考えて見つけていくことがとても重要になってきます。


YOUTUBEなどにはギターレッスン講座やDTM講座など、その道のプロの方たちが無料公開という形で知識やノウハウを教えてくれてるものもたくさんあります。


なので、初心者の方や趣味の延長線上でスキルやノウハウを身につけたいという方はまずはネットで自分が欲しい情報が手に入るかどうか探すところから始めてみてください。


SNSを通じて音楽仲間に出会うことができれば、友達として色々教えてもらうことができるので、そうすればお金をかけずにスキルを身につけることもできます。

■最後に


もちろん、何事もちゃんと行動した人がしっかりと結果を得られるものです。


正直ぐっちょんは、音楽という夢を追いかけることに対して本気の努力をしてこなかった人間です。


音楽の道で華やかな結果は残していないけど、だからこそこれから音楽の道を目指す人には、


本気なのであれば本気の努力をしていってほしいと思っています。


僕みたいに中途半端に夢を追いかけてしまうと、「何してたんだろ、俺、、、」と虚しくなるからです。笑


人の夢のつかみ方は人それぞれです。


大事なのは自分がどう在りたいか


周りになんといわれても泥臭くても我武者羅に行動していきましょう!


この記事が少しでも参考になってくれたらうれしいです。


それでは今回はこのへんで!!


しーゆーねくすたーいむ!またきっくいやーん!!


ぐっちょんの居場所

☆17ライブ

本的に20~24時の間で配信!あとは気まぐれげりげりらー配信中!
一番新鮮なぐっちょんに出会えるのはここだけ!
・ぐっちょんの17ライブはこちらから!

☆Twitter

々のぼやきや何かしらの告知をつぶやいていまっせー!
最新のぐっちょん情報はこちらからどうぞ!
・ぐっちょんのTwitterはこちらから!

YouTube

リジナルのソロギター曲やカバー曲、たまに弾き語りなどなど
表現者としてのぐっちょんがここに詰まってます!
・ぐっちょんのYOUTUBEはこちらから!

Instagram

達メガネ越しにパシャリ、略して「ダテシャ」を撮り続ける
世界に一人だけのダテシャリスト!
・ぐっちょんのInstagramはこちらから!


-コラム
-, , , , , ,

Copyright© 上京男子 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.